身体の内側からの対策

シミ対策に効果的な薬

シミの対策といえば、シミができたところに専用のクリームを塗ることが主流になっています。ですが、体内からのシミも同時にできれば、もっと効果を期待することができます。
それには内服薬などを利用すると良いでしょう。メラニンの活性化を抑えるトラネキサム酸や、メラニン生成の原因となるチロシナーゼの作用を抑えるL-システイン、他にビタミンCなどの成分がシミの改善には効果的です。そしてシミにはごく一般的なシミ・そばかす、そして肝斑や炎症後色素沈着など種類によっても効果的な成分が変わってきます。
こういった成分の入った薬は、皮膚科で薬を処方してもらうこともできますし、処方箋がなくても薬局で購入できるものもありますので、迷ったら薬剤師の方などに相談してみましょう。

シミを増やす食べ物に注意

シミの原因になってしまう食べ物があることをご存知でしょうか。シミを増やさないためにも、そういった食べ物を知っておくことが大切です。
まず気をつけたいのが、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類。ビタミンCが豊富に含まれていることもあり、美容に良いというイメージがあることでしょう。もちろんレモンやグレープフルーツ自体は美容に良いのですが、ソラレンという物質が含まれているため注意が必要です。
このソラレンは、摂取した後に日光に当たることで、紫外線をとても吸収しやすくなってしまうのです。せっかく美容のために食べたのに、より紫外線を吸収しやすくなってしまっては困りますよね。
同じくキュウリやしそ、セロリなどにもソラレンが含まれていますので、なるべくお出かけ前には食べない方が良いでしょう。