メイクでの対策

下地とファンデーションで紫外線をダブルブロック

シミは肌に紫外線が当たると、肌を守るためにメラニンが過剰に生産され、それが蓄積されることでできるものです。したがって、シミを防ぐためには肌に紫外線を当てないということが重要になります。
夏なら日傘や帽子で紫外線をカットすることもできますが、それだけでは十分ではありません。そこで役に立つのがUVカット効果のあるメイク用品です。下地・ファンデーションともに紫外線を防止する効果のあるものを選べば肌を紫外線から守り、シミができるのを防ぐことができます。
UVカット効果のある下地やファンデーションを使用するときは、むらなく均一に塗ることが大切です。また、汗をかく季節にはこまめに塗りなおすことで効果を維持することができます。

紫外線にはA波とB派がある!「SPF」と「PA」に注目

UVカットの下地やファンデーションを選ぶ際は、紫外線を防ぐ効果の強さに注目しましょう。紫外線には波長が短く日焼けを起こす原因となる「B波」と、波長が長く肌の奥深くまで届いてシミだけでなくしわの原因にもなる「A波」があります。UVカット効果のある化粧品にはよく「SPF50 PA++++」といった表示がありますが、この「SPF」はB波、「PA」はA波をカットする効果を表すものです。SPFの数値は高いほど、PAは「+」の数が多いほど効果が高いということになります。
最近では化粧下地にも使えるボディ用日焼け止め、というのもありますが、ファンデーションのつき・もちを良くし美しく仕上げるという下地本来の役目を考えればUVカット効果の高い下地クリームを使うのがおすすめです。